さて何を語ろうか

知る者は語らず
語る者は知らず

というので、語ることはたくさんあるはず。